選び方と対象

体型に合わせて選びましょう

介護の際には状態などによっては大人用紙おむつが必要になってくるのですが種類が多いためどの大人用紙おむつを選べば良いか分からないとも言えます。 大人用紙おむつを選ぶ場合には、着用者に合ったものを選ぶようにしましょう。介護者の負担を減らすだけではなく、着用者の尊厳を守ることにも繋がります。交換頻度に関しては、着用者の尿量や排泄のタイミング、おむつの吸水力などにより異なります。長期間交換せずに着用した状態である場合には、かぶれや肌荒れの原因となりかねませんので注意が必要です。

医療費控除の対象となる場合もあります

大人用紙おむつの購入費用は一定の条件を満たしている場合には、医療費控除の対象となります。その条件とは、傷病により6ヶ月以上にわたり寝たきり状態であると認められたもしくは認められる人、医師により大人用紙おむつの使用が必要と認められている、本人またはその家族が税金を納付しているという場合です。 なお、医療費控除を受けるためには、確定申告を行う必要があります。確定申告を行う場合に必要となる書類として、医師の発行するおむつ使用証明書・大人用紙おむつを購入した際の領収書があります。 また、自治体の中には紙おむつの購入費を助成しているところもあります。すべての自治体で行なっているわけではありませんので、最寄りの自治体に確認してみましょう。